HOME > FAQ よくある質問 筆記具に関するFAQ

よくお問合わせいただくご質問(FAQ)

 よくお問い合わせいただく質問 (FAQ) と回答を掲載いたします。このページには当店で取り扱っております筆記具に関してのご質問とその回答を掲載しておりますが、ショッピング・商品全般についてのFAQは「ショッピング・商品全般に関するFAQ」を、また筆記具の名入れに関しましては「筆記具の名入れについて」をご参考になさってください。
また、これらのページに掲載されていない項目やご不明な点は、「お問合わせフォーム」よりご連絡ください。

筆記具に関するFAQ

筆記具に関するFAQ

その他万年筆に関しましては、「万年筆の基礎知識」もご参照ください。

筆記具に関するFAQ
万年筆のペン先の種類のF・M・Bとは何を表しているのですか?
 万年筆では、ペン先の太さ(線幅)を表わします。
EF…EXTRA FINE(エクストラファイン・極細字)、F…FINE(ファイン・細字)、M…MEDIUM(ミディアム・中字)、B…BROAD(ブロード・太字)、BB…BROAD BROAD(ブロードブロード・極太字)などメーカー、商品によって用意されているペン先の種類は様々です。
  ボールペンでは替え芯の太さを表します。万年筆と同じくF…FINE(ファイン・細字)、M…MEDIUM(ミディアム・中字)、B…BROAD(ブロード・太字)が主なものです。海外製品は、ほとんどの場合、ご購入時にはM(中字)が装填されています。
ペン先が同じ表示ならどのメーカーでも同じ幅ですか?
 ペン先のについてはその製造過程の大半が手作業で、生産国やメーカー、また技術者の違いから生じる個体差があります。一般的には海外製品は国内のものより太く作成されています。また、ペン先の形状や、使用者の筆圧によっても微妙に変わりますので、あくまでもF・M・Bの表示は目安としてお考え下さい。 漢字など画数の多い文字、小さい文字をお書きになるのであればEFまたFがよいでしょう。海外メーカーをプレゼント用にされる場合、ペン先Fが最もポピュラーです。
ペン先の18金や14金って何ですか?
 高価な万年筆はペン先に金を使用しています。金はインクに含まれる硫酸や塩酸に強く腐食しにくいというのがその理由です。数字はペン先の金の含有量表示です。24を100%の純金とした割合で、『K』は割合の単位で「カラット」の頭文字です。ペン先に刻印されている14K、18K、21Kは、それぞれ14金、18金、21金を意味します。硬度も数字の小さい方から「硬い→柔らかい」となります。しかし、ペン先の形やその厚みによって硬度は大きく左右されますので、一概に数字だけでは判断はできません。
 また、スチールのペン先は文字通り鉄材で金やロジウムをメッキしたものが一般的です。使用感は金より硬めになります。
カートリッジ式と吸入式ではどちらがいいのですか?またコンバーターとは何ですか?
 いずれも万年筆のインク充填方式です。違いについては「万年筆のインク充填方式」をご参照ください。
 吸入式は、インクを大量に充填できるため、長時間の筆記作業に適しています。またカートリッジ式は、便利さや手軽さでは断然です、また外出先でお使いになることが多い場合にお勧めいたします。コンバータはインクボトルからインクを吸い上げるための器具です。インクカートリッジの代わりにペンに差して使います。カートリッジと違い、インクを補充できたり、他社のボトルインクを詰めることができるメリットがあります。 綺麗な水を出し入れすることでペンの掃除にも使えます。当店の商品紹介に「カートリッジ/コンバーター両用式」と表記しているペンは、特に記載がない限りコンバータが標準で付属しています。
他社製のインクやカートリッジインクを使っても大丈夫でしょうか?
 他社製のインクのご使用については、基本的にはNOです。インクは化学合成品ですので、異なるメーカーのものを混合すると、成分が反応して凝固や固着する恐れがあり、万年筆自体に不具合を生じさせることになりかねません。
 ただ、お使いのメーカーのインクが欠品で手に入らないという自体も起こることがあります。その場合、お使いの万年筆がカートリッジ式の場合は、ヨーロッパ系、特にドイツのメーカーのものは統一規格ですので、メーカーを問わず使用が可能です。ただ、メーカーを替えられる場合は、必ず以下のように洗浄を行ってください。
●洗浄方法
カートリッジを抜き、ペン先と首軸を、水で軽く濯ぎ、水を満たしたコップに沈め、数時間放置します。その後、水を入れ替えながら、水の汚れがなくなるまで繰り返します(※決して熱湯や洗剤、薬品にはつけないでください、部品を傷める原因になります)。
●互換性のあるカートリッジで当店で取扱のあるものは以下のメーカーです。
カランダッシュ、デュポン・デルタ・ファーバーカステル・ペリカン・ロットリング・スティピュラ・ビスコンティ
購入したばかりの万年筆なのにインク出が悪いのですが・・・。
 新品のペン先には、製造時の油分などの皮膜が残っていることがあります。その場合には出始めが悪いことが多く、しばらくご使用になられると自然に皮膜が取れ、書きやすくなってきます。
 なかなか改善されない場合は、ペン先を洗浄することで解決いたします。コップに水を満たし、ペン先を一昼夜つけ、水の出し入れをしていただくことで改善することが殆どです(※決して熱湯や洗剤、薬品にはつけないでください、部品を傷める原因になります)。
 それでも症状が変わらない場合は、当店にて確認させていただき、メーカーにてメンテナンスまたは交換させていただきます。メーカーも万全を期して出荷いたしておりますが中には初期不良品もございますのでご了承ください。
 当店では、出荷前に検品いたしておりますが、万年筆の場合、未使用品の状態でお客様にお届けするのを基本といたしております。インクの出具合を確かめるための試し書きはいたしておりません。どうかご了承ください。
万年筆のペン先だけを購入、または交換することはできますか?
 ペン先だけ脱着できて交換ができる商品はたくさんあります。しかしペン先部分の価格は、全体の価格に占める割合が大きく、部品代と工賃だけで、新しいペンが買える金額になることも少なくありません。ペン先を交換するよりも、新規購入を含めよくご検討下さい。
他社製のボールペン替え芯は使えますか?
 ボールペン芯については互換性のあるものが多く、いわゆる「パーカータイプ」と言われるものがもっとも広い範囲で使われています。アウロラ、デルタ、ファーバーカステル、パーカー、ペリカン、 ロットリング、スティピュラ、ビスコンティなどは互換性があります。